事業委員会

1.ごあいさつ

  事業委員会が行う中国本部の行事運営へのご協力、誠にありがとうございます。
  今日、技術士CPD(継続研鑚)が対外的に評価を受ける機会が増えており、多様なCPD機会を提供し、会員サービスの充実を図る必要があります。事業委員会では、会員の皆様に、各部会活動や各委員会活動などの多様なCPD機会の提供を支援し、会員の継続研鑽や一般の方々への情報発信を推進する社会貢献活動に取り組んでいます。
  なお、日本技術士会では、技術士の資質向上、技術士の活用促進に資することを目的として、技術士CPD(継続研鑚)の場の提供に加えて、CPD認定会員制度、APECエンジニア制度、IPEA国際エンジニア登録制度を整備し、それぞれ、技術者の国内での認定、APEC域内での共通称号、加盟エコノミー間での同等の能力認定を行っています。

2.活動内容

  事業委員会の主な活動は以下のとおりです。

1)技術者倫理の啓発(技術者倫理に関する講習会等の企画・立案)

  中国本部技術者教育研究会の協力を得て、技術者倫理およびエンジニアリング・デザインに関する集中講義を年1回程度企画・立案しています。また、統括本部技術者倫理研究会が、2か月に1回程度開催する講演会のWeb中継を開催しています。

2)事業計画の立案及び事業報告の策定

  中国本部における事業報告及び事業計画を作成・策定し、役員会、年次大会で報告しています。

3)CPD行事(技術士全国大会、日韓技術士会議、西日本技術士研究・業績発表年次大会、
        地域産学官と技術士との合同セミナー、例会等)の企画、実施

  統括本部事業である技術士全国大会、日韓技術士会議、西日本技術士研究・業績発表年次大会、地域産学官と技術士との合同セミナーを中国本部が担当する場合、並びに中国本部事業である年次大会、例会(忘年会)、技術士試験合格者祝賀会等の各種行事の企画、運営をしています。

4)技術士CPDの推進及び学協会との連携

  統括本部CPD支援委員として委員会にWeb会議参加し、2か月に1回CPD支援委員会が開催するCPD ミニ講座をWeb中継するとともに、そのうち1回は、中国本部で開催し、他地域本部へWeb発信しています。
  また、全国大会等各種行事において、学協会との連携を適宜、試行中です。

5)技術士CPDの推進及び学協会との連携

  各委員会、各部会から事業委員を選出し、各委員会、各部会行事を調整・支援しています。

  行事の円滑運営を担う事業委員会の活動は、会員皆様の積極的な参加で成り立っています。 今後とも、ご支援、ご鞭撻、よろしくお願い致します。


バナースペース

公益社団法人日本技術士会 中国本部

〒730-0017
広島市中区鉄砲町1−20
        第3ウエノヤビル6階
TEL 082-511-0305
FAX 082-511-0309